【猫のからだ-基礎-】:感覚編【目】

猫というイキモノ

猫って言えば
なんと言ってもその【目】が魅力的。

縦長の瞳孔
奥でキラキラと光る眼球

猫の瞳孔は、光にとても敏感。

暗い場所では瞳孔は大きくなり
明るい場所では瞳孔はものすごく細くなる。

宇宙-sora-
宇宙-sora-

瞳孔は最大で眼の90%まで広がり
強い陽光の下では眼を保護するためにほとんど閉じた状態に。
そうすることで、網膜に届く光の量を調節してるんだ。

角膜があって、虹彩があって
水晶体、硝子体、網膜・・・

目の基本構造は、猫もヒトも犬もほぼ一緒。


(フリー素材:来夢来人より)

こんな感じ。

猫の【静止視力】は、ヒトのおよそ1/10程度で0.1から0.2ほどって、言われているの。

猫の目の水晶体は暗い中で光を集めるために大きいからピントの調整が上手にできないんだ。
だから周囲は全体的にボヤけて見えて、輪郭もはっきりしない感じ。
近づいてくる物体を視覚だけで認識しようとすると、かなり近くまで接近しないと認識できない。

宇宙-sora-
宇宙-sora-

視力が悪いと言っても通常は、

音やニオイで総合的に判断しているから特に問題ないんだよ

だから初めての場所や初めてのモノを見るとき、音やニオイなど記憶の中の情報に頼れないから
ヒトにしてみれば安全なものであっても、ボクたち【猫】は、端から慎重に、ゆっくりゆっくり、ゆーーーっくり。確認することが多いんだよ。

だけど
動くものを認識し、視線を外すことなくジッっと視線で追いかける【動体視力】はヒトよりはるかに優れているんだ。
野生で生きていたころ、素早く動く小さな獲物を捕らえるために備わった能力なんだよ。

暗闇でモノを見る力にも優れているのは、
網膜と脈絡膜にヒトや犬にはない【タペタム】って構造が光を取り入れやすく、また、光の明暗を感じる視細胞を多く持っているからで、ヒトが必要とする光の量の6分の1程度の明るさでも物体を認識できるんだ。

つまり、
網膜内にあって明暗や動きを感知する杆状体(かんじょうたい)の数がヒトよりはるかに多いから、薄暗がりの中でも対象の動きをとらえる能力にきわめて優れているんだよ。

ちなみに【タペタム】っていうのは反射板の役割があり、網膜を通り過ぎた光を再び網膜へ送り返すことによって、わずかな光でも効率よく利用できるからで

暗闇で猫の目が光るのは、この【タペタム】が光を反射しているからなんだ。

宇宙-sora-
宇宙-sora-

タペタムはヒトにはないけど、犬やライオン、牛、クジラ類など

多くの哺乳類が持っているんだよ。

あと猫は【光の三原色】のうち、青と緑の二色と、その混合色の黄色は認識できるけど
赤は認識できない、と考えられているんだ。
とはいえ、緑もそんなにうまく判別することはできないかも。

網膜にある視細胞の中で色を識別する【錐状体】(すいじょうたい)という細胞が、ヒトと比べてずっと少ないかららしいんだ。

 

宇宙-sora-
宇宙-sora-

ボクたちの瞳孔は、気分によっても変化するんだ

驚いたり、おもちゃで遊んだり、獲物を追ったり、興奮しているときの瞳孔は、大きく開き、
優しく撫でてもらって気持ちよかったり甘えたりするときの瞳孔は、すーって狭くなるんだ。

猫の写真を撮るときは、フラッシュ機能をOFFにしてね。
網膜に入り込む光の量が多すぎて、猫の目を痛めてしまう恐れがあるんだよ。

タイトルとURLをコピーしました