【猫のからだ-基礎-】:爪編

我が家のフェリス・カトゥス

猫の爪は出し入れ自由!

僕たち、猫の爪は、何層もの角質が重なってできてるの。

普段は靭帯によって引っ込められているんだけれど

こんな感じでね。

とがって湾曲している前足の爪は、獲物を押さえ込むときに使うんだ。

 

宇宙-sora-
宇宙-sora-

あと、寝ているおかーちゃんの顔を突っつく時ね!

・・・。

内側で新しい爪が伸びてくると、外側のすり減った古い爪が剥落しちゃうの。
僕たちが爪とぎをするのは、匂いをつけるためのマーキングや、ストレスの発散のためもあるけれど、この古くなった外側の層をはがすためでもあるんだ。

 

ぉかーちゃんは時々、僕たちの剥がれた爪を見つけては嬉しそうに小さな箱に片づけてる。

 

宇宙-sora-
宇宙-sora-

変態でしょー。

猫好きさんなら集めている人、多いと思うよー

 

 

 

普段は爪をしまっておくことで、僕たちは足音を立てずに静かに歩くことができるんだ。
(走るときは、どすすっ、どだだっ☆と、うるさいけどねー)

年老いた猫は上手に爪をしまうことができなくなって、出しっぱなしになっちゃうことも。
巻き爪になって肉球に刺さってしまうこともあるから、こまめな爪切りが必要になるんだ。

でも爪の根本には血管や神経が通っているから、爪切りの際は深く切りすぎないように注意してね。
私はこのタイプが使いやすいな。

 

タイトルとURLをコピーしました