2018-07

愛玩動物飼養管理

利益と、動物愛護の間の葛藤 

動物が可哀想だ!動物に優しくしよう!という想いが強いだけでは「ヒトの利益」という価値評価の壁の前で身動きが取れなくなる「動物愛護運動」の葛藤。
愛玩動物飼養管理

実験動物・食用動物・現代的動物虐待・・・

人間の安全のために犠牲にされる動物たち。私たちが普段、何げなく使っているコスメや化粧水、シャンプー、医薬品。すべて 「動物実験」によってその安全を得ているのです。その現実から目を背けてはいけなのです。
愛玩動物飼養管理

イギリスから始まった動物愛護運動の伝播

イギリスから始まった【動物愛護運動】はその後、アメリカ、日本へと伝播。文明人としての憐みの心を大切さを説いてきた。
愛玩動物飼養管理

近代的動物愛護運動の始まり、はじまり

イギリスから始まった「動物愛護運動」。1822年に成立した「家畜の虐待と不適当取扱い防止条例」が世界史上で最初の「動物虐待防止法」というのだけれど、長いので一般では「マーチン法」と呼ばれています。
愛玩動物飼養管理

生きとし生けるものへ

生命の畏敬を説いたアルベルト・シュヴァイツアーは、本当に僕たち「動物」を、「命あるすべてのモノ」を大事に思ってくれたんだ。
愛玩動物飼養管理

ジェレミー・ベンサムは、ボクたち「動物も苦しむ」と言ってくれたんだ。

それまでアリストテレスもデカルトも、動物には理性がないから。動物は自動機械だから。何をしても苦しまないって言っていたけれど、ベンサムは「動物だって苦しむんだ」って言ってくれたんだ。
愛玩動物飼養管理

ボクたちを「自動機械」と言ったデカルトは、ボクたち動物の最大の敵。

愛玩動物飼養管理士のテキストを読んで、私が感じた想いです。
愛玩動物飼養管理

ヒトは理性があるから動物より優位な存在。人間優位の動物観

最近。アリストテレスにムカつく日々。アリストテレスって、こういうやつだったのか。
愛玩動物飼養管理

神は、ヒトに動物を治めさせたのです。

旧約聖書【創世記】に書かれているノアの方舟。今改めて読み直すと、子供の頃の記憶が少し違っていたことが発覚。
愛玩動物飼養管理

生まれ変わるなら今度は【猫】になりたい

愛玩動物飼養管理士の教本より、古代インドに起源をもつ東洋の宗教に共通する「霊魂不滅」と「輪廻転生」の思想に強く影響されている動物とヒトには共通の魂のつながりがあり、動物とヒトは同格であるとされきた輪廻転生の考え方の「日本人の動物観」