2018-08

愛玩動物飼養管理

動物から子供たちが学ぶこと。それは命の大切さと非言語コミュニケーション

子供たちは動物たちの日常の活動を見て「問題解決能力」を学ぶことができ、子供のころからボクたちと過ごすことで、感受性豊かな子供に育っていく。動物と触れあうことは子供たちの将来にどんな大切な影響を与えるのか?
愛玩動物飼養管理

動物たちとの触れ合い。人間の社会で活躍している仲間たちもいるんだ

動物介護療法、動物介護活動、動物介在教育。ボクたち動物の中には、人間の社会で活躍している仲間もいっぱいいるんだ。国際的にはこれらを総称して(動物介在/介入)って呼んでいるんだ。人間とボクたち動物が助け合っていける世界って素敵だよね。
愛玩動物飼養管理

動物と触れ合うということ。ボクたち動物は人間に「癒し」を与えるんだ。

動物と触れ合うということ。人間が動物から「癒し」を感じるのは、あくまで動物自身が良好な環境の中で、安定した精神状態の中におかれているとき。動物が穏やかな状態の時には人間も、穏やかな気持ちになって癒されるのです。
愛玩動物飼養管理

ヒトと動物の関係の中で避けて通ることが出来ない問題ー【虐待】

動物の虐待とは、ヒトが動物をいじめたり不必要に傷つけたりする、誰が見てもわかるものだけではない。ネグレクト。つまり動物のお世話の放棄、多頭飼育崩壊。これもまた「虐待」なんだ。
愛玩動物飼養管理

動物の立場を理解し世に知らせる【代理人】アニマルアドボカシー

動物のために活動する人々の間には「動物権利論」「動物福祉論」の両方のどこかに、自分の「バランシング・ポイント」っていうのがある。どちらでもなく動物の立場を理解し世に知らせる【代理人】となって、いろんな情報の普及するのが「Animal Advocacy: アニマル・アドボカシー。
愛玩動物飼養管理

互いに影響し合うヒトと動物:ヒトと動物の関係学が果たすべき役割

ヒトと動物の絆。ボクたちを「ペット」として育ててくれるのも「接点」のひとつ。また、生きていくために牛さんやブタさん、鶏さんの「お肉」を食べるのも「接点」のひとつ。直接的・間接的にかかわることなく人間はボクたち動物たちと、なんらかの「かかわり」を持たざるをえないんだ。それを伝えるのが「ヒトと動物の関係学が果たすべき」役割なんだ
愛玩動物飼養管理

動物たちに道徳的な配慮をし、必要最小限に利用させてもらうという意識

人間もボクたち動物も「自然の一部」で、「一部の種」にすぎない。人間はたしかに「知性」「理性」という面では動物より優れているかもしれない。でもボクたち動物の中には人間より優れた能力を持っている子だっていっぱいいるんだ。
愛玩動物飼養管理

ピーター・シンガーの【動物の権利】とトム・リーガンの【動物の権利】

動物の権利のややこしさ。どちらも同じように「権利」を主張しているのに功利主義と剣理論。「動物は道徳的地位を持つ」ということでは同じ意見なのに、「どれほどの道徳的地位がある」か?ということでは意見が異なってしまうのです。
愛玩動物飼養管理

種差別にあふれる世界から動物たちの解放!【動物の解放】という書籍はバイブルに

ピーター・シンガーによって書かれた「動物の解放」これは今、動物権運動のバイブルと呼ばれているのです。ピーター・シンガーは、動物たち「生命」に対する道徳的配慮は「生命が苦しむかどうか?」「その能力があるかどうか?」そこで判断すべきと言っているんだ。
愛玩動物飼養管理

近代畜産への鋭い批判と警鐘を促した最初の書【アニマル・マシーン】

近代畜産を告発した最初の書【アニマル・マシーン】は産業動物の悲惨な現状を指摘し、イギリス政府がブランベル委員会を設置し実態調査をする契機となった。今、産業動物には5つの自由が求められている。
愛玩動物飼養管理

動物に権利がある!という考え方のことをアニマル・ライツっていうの。

「人間が権利を持っているなら、動物も間違いなく権利を持っている」へんりー・ソルトはそう言ったんだ。アニマル・ライツの考え方。動物はまた少しずつ護られるようになってきたのです。