ヒトと動物の関係の中で避けて通ることが出来ない問題

ヒトと動物の関係の中で避けて通ることが出来ない問題
それは【虐待】

 

虐待とは、なんであるか?

 

言葉の上での「定義」は簡単。つまり 弱い者いじめ。

 

宇宙-sora-
宇宙-sora-

ちょと違うかな?

 

でもその定義をもとにして、どのような状況が「動物虐待」になるのか。

ということを、世間に伝え広めていくことは、とても難しい事。

 

ボーガンの矢が刺さった鴨さん
切断され、殺されてしまった猫さん
ガスバーナーで焼かれてしまった猫さん
海に投げ捨てられ、溺死させられてしまった猫さん
壁にぶつけられ顏をつぶされた猫さん・・・

 

 

 

あ。猫さん、多い(泣)

ヒトが動物をいじめたり、不必要に傷つけたりすることは誰が見ても

 

宇宙-sora-
宇宙-sora-

それ、動物虐待ーーーっ!!

 

って行為って解るけれど
でも「虐待」はそれだけじゃ、ないんだよ。

 

人間の世界だって・・・あるよね。 ネグレクト。

 

自分で育てきれないほどの頭数との暮らし、育て方もよくわからない種族の子をペットショップで買ってくる。

何も調べず、何も考えず。

 

ただ「可愛い」からと、ただ「可哀想」だから。最初こそは自己満足の中で「この仔がいて幸せ」と一緒に暮らしても、自分のキャパを超えてしまい、いつしか育てる(お世話する)ことができなくなり、最終的には

ご飯をあげるのが面倒
おトイレの掃除が面倒

そのまま

放置したり
手放したり

 

病気になっても病院に連れて行かず、

ちょっと言うことを聞かなかったからって、怒鳴って脅して、言う事きかせようとしたり。

 

ボクたち動物への心身の健康や、衛生面に配慮できない育て方をするのも
これまた、すなわち

虐待

 

何が虐待にあたるのか?という最も大切な基準(尺度)は「苦痛」

たとえ意図的なものでなかったとしても、不適切な育て方(飼養管理)を続けることにより

動物が心身ともに苦しんでないか?
切ながっていないか?
悲しんでいないか?

それが重要な判断になるんだ。

とは言え

宇宙-sora-
宇宙-sora-

本当は「こんなとこ、嫌だーっ!

って、ボクたちが思っていても、親(飼い主)の思い込みで

「この子は幸せって感じてるわ❤」

ボクたちの本当の気持ちを知ろうとしなかったら、そこで終わっちゃうけど。

 

だからこそ!

今、世界で広く受け入れられている虐待の「判断基準」があるんだ。

それが【5つの自由】

ひとつめ。飢え、渇きからの自由。

その動物にとって適切かつ、栄養的に十分なご飯と水が与えらえているか。

宇宙-sora-
宇宙-sora-

これは
夜中でも、おねだりするとすぐ起きて、ご飯くれるから
ボクのおかーちゃんは合格だね。

いや、本当は節操なしの甘やかしすぎで、これはこれでダメなんです

ふたつめ。不快からの自由

その動物にとって適切な環境下で育てられているかどうか。
風雪雨や炎天を避けられる快適な休憩場所があるかどうか。

宇宙-sora-
宇宙-sora-

ボロぃお家だけど
ボクたちのお部屋がいっぱい用意されているから合格ぅ。

みっつめ。苦痛からの自由

健康管理・病気予防・適切な治療がされているか。

宇宙-sora-
宇宙-sora-

ボク、病院が嫌いなのに
いっつも注射ちっくん☆しに連行するおかぁちゃん、失格ー!

これ、我が子の目線・気持ちになると、ちょと複雑(苦笑)

よっつめ。恐怖、抑圧からの自由

恐怖や不安、精神的苦痛や多大なストレスがかかってないか。

宇宙-sora-
宇宙-sora-

ボクたちを「抱っこ」しようと追いかけてくる おかーちゃんは失格ぅ!
お外出たーい!って泣いても出してくれない ぉかーちゃん失格ーぅ!
ぉ外出れないの ストレスーー! 出せぇえ!!

猫は「完全室内暮らし」に!って、お外に出られなくなってしまった。
お家の中は確かに安全だし、なんの心配もいらないし「上へあがる運動ができれば、猫は大丈夫」って言うけれど
でも、お外を眺めてしょんぼりしている姿を見ているとなんだかやっぱり、ちょっと可哀想な気もしたり。

いつつめ。自由な行動をとる自由

その動物にとって正常な行動やコミュニケーションができる環境が与えれられているか。

宇宙-sora-
宇宙-sora-

夜中にボクたちが大運動会をしてても怒らない おかーちゃん合格ぅ。
時々ケポっ。して床やジュウタン汚しても怒らない おかーちゃん合格~ぅ。
でも時々、寝ているボクたちをかまって起こすから、やっぱり失格ー。

 

 

 

この5つの自由。「動物の愛護及び管理に関する法律」っていうのがあって、そこでも取り入れられているんだ。

 

ちゃっとん
ちゃっとん

はい、5つの自由。テストでまーす!

この条件が満たされていないと、動物虐待をしている。って考える必要があるらしい。

 

 

さとっち
さとっち

おかーちゃん。ちょっと微妙だねww

ぎりぎり、せーふ。って感じw

 

 

 

その動物にとって必要なモノや環境、ニーズ

それが何かを知らずに育てることが、虐待につながることもある。

 

ただ、食べ物を与え「生きている」「生かしている」

それだけじゃ、ダメ。

それって、人間の子を育てるのも同じだよね。

適切なご飯がもらえて、心身ともに苦痛がなく、可能な限り「自然の習性」にあった行動ができること。

ボクたちと暮らす人間は
ボクたちがそんな生活ができるように環境を整えることが

義務であり、責任なんだ。

 

 

参考文献:愛玩動物飼養管理士テキスト2級-1

 

 

 

ママや赤ちゃんに安心なお水は、ボクたち猫だって飲みたいんだ。

コメント