【ベランダプチ改造!】猫様に快適に過ごしてもらうためのDIY?「草の上って、気持ちいいよねー♪」ってこれ「人工芝」だけどね。

ボクたちの日常

閉じ込められてしまった「猫様」たちが、
狭いお家の中でも「快適」に暮らせるために、ある日、下僕が考えた事。

それは、ベランダのDIY。

かつての「猫様」たちは、ぉ外を自由に闊歩していたけれど。

現代の「猫様」たちは、
猫様同士の喧嘩から、病気の感染を防ぐため。
交通事故から守るため。

そして、ご近所とのトラブルから守るため。

「完全室内飼育」が推奨されています。

猫の下僕
猫の下僕

生きにくい世の中になったもんだー。

かつては青空の下で自由に過ごしていた「野良にゃんず兄弟」

ベランダから好き勝手に出入りさせていたら、いつしかご近所から「うちの子」と認識され、
「迷惑なんですけど!」と言われたので、仕方なく
お部屋の中に全員揃ったところで、ベランダを封鎖。

ある日突然、家の中に閉じ込められてしまった「にゃんず兄弟」。

狭いお家の中で、少しでも不自由を感じないように・・・
DIY(do-it-yourself)とはちょっと言い難いけれど(苦笑)

少しでもお外の空気を楽しんでもらうために、
人工芝を敷いて、我が家のベランダ・プチ改造!

猫の下僕
猫の下僕

ぃざっ!

 ベランダをプチ改造

まずは「ベランダ」を封鎖しなきゃです。

築〇〇年。
この日を境に、ずっと解放的?!だった我が家のベランダは、
ご近所の工務店の方にお願いして、公園で使うようなフェンスで封鎖してもらいました。

こればかりは、プロの方にやってもらわないと、
適当な取り付けで、柵が外れて脱走されてしまっても大変。
ここは「頑丈」にやってもらわなきゃ、です。

猫の下僕
猫の下僕

あぁ、また貯金が・・・

下の階も、自由に出入りできていたけれど、
こちらは「ラティス」で。

1階は、ちょっとお洒落な感じの「オープンデッキ」だったので、
この圧迫感のあるような状態はちょっと残念。

猫様たちも、縁の上でお昼寝したり、気持ちよさそうにしてたのになぁ・・・。

封鎖後

1階の様子

1階は、新聞配達や郵便配達、宅配便・・・人の出入りがあるので
そのたびに、ここで寛ぐ猫様も緊張しちゃうので、チョット目隠しになるもので。

外側はちょっと圧迫感があるけれど、
内側は明るくて、そう悪い感じではないかな。

隙間から外の景色も見えるし、風もほどよく通るので、
お日様の当たる時間は、猫様たちのお気に入りの場所。


2階のベランダには左右に「見晴台」を設置。
フェンスの柵は周りも良く見えるし、風通しも抜群。

猫の下僕
猫の下僕

ただ、
お布団は干せなくなっちゃいましたけどねー。

 さぁ、人工芝を敷こう!

最初は、こんな感じ。

うちの「じぃじ(父)」が
なぜか、使い古しの「お風呂マット」と
なぜか「石」を・・・(謎)

お風呂マットは、
猫様たちの【爪とぎ】にピッタリ♡
が! 細かい屑が・・・。

猫の下僕
猫の下僕

夏は、
ゴザを敷いて上げるだけでも
わりとご機嫌なんですけどね

まだ、外で自由に遊んでいた頃。
土の上や草の上でゴロゴロするのが好きだったよなぁ~。
さすがに本当の「芝」を生やすわけにはいかないけれど
ちょっとでも「自然」に近い形に出来ないかな~ぁ?・・・と、

猫の下僕
猫の下僕

そぅだ!
人工芝を敷こう!

と、思い立ったわけです。

と言っても、特に何か特別なことをするでもなく、
ただ、「人工芝」をベランダの幅に合わせてカットして、敷いた(置いた)だけですが(苦笑)

人工芝、最高にゃ~♪

お外に出られなくなって、自然の草の上でゴロン♪って出来なくなっちゃったけど
ある日、突然
ベランダに「草」が生えてきたのー♪

芝生、ふかふか~ぁ♪

風も、お日様も
気持ちいい~♪

人工芝の不安

埃っぽくならないかなぁ・・・

猫の下僕
猫の下僕

ベランダに出しっぱなしにしていても
埃っぽくならないかな~?

というのが心配だったけれど
土の上に置いているわけじゃないので、気になるほどの埃っぽさは感じず。
(週に一度、掃除機はかけてます)

猫の下僕
猫の下僕

ただ。
芝の上で「けぽ」られたときは
お掃除が大変です・・・

水はけは?

本来は、土の上に敷くものなので、「水はけ」の心配も。
我が家のベランダは「木製」なので、とくに腐食が心配。

猫の下僕
猫の下僕

ベランダに敷きっぱなしだと、
雨の後、下に水が溜まらないかな?
ベランダの床板、腐らないだろうか・・・

でも、板と板の間から雨水が落ちていくし、下から風が当たってすぐに乾燥するので問題なし。

留め具で止める?

土の上であれば止めピンとかで固定しなきゃだけれど、
使用場所がベランダなので、ゴザ感覚で、ただそのまま敷いただけ。

なので、強風が吹いたりしたらズレちゃいます(苦笑)
でも、簡単に直せます。

ただ、雪がベランダに積もる季節は、丸めてお部屋の中へ・・・。

猫様が、間違って食べないだろうか?

雑草を食むるのが好きな猫様。
実のところ、これが一番の心配だったけれど。

猫の下僕
猫の下僕

まんざら「おバカさん」てもなかったので
誰も食べることはなかったです。


 人工芝で、猫様もお気に入りのお洒落な空間

人工芝を敷いたベランダがちょっとお洒落っぽくなったので、
ホームセンターのチラシでガーデニング用品を見ていたら、

猫の下僕
猫の下僕

あともうちょっと、
お洒落なベランダにしたいな~ぁ

なんてイメージが膨らんだりもしたけれど

猫の下僕
猫の下僕

ベランダも、そんなに広くはないし
木製だから、あまり重いものを置けないし・・・

支えているのも木の柱なので、
重たいブロックだの土の入った植木鉢だのを置いたら、ベランダが崩れ落ちちゃうよね・・・

結局この【人工芝】1枚と、ゴザを敷いて終了~(苦笑)

猫の下僕
猫の下僕

実は。
夏の強い直射日光を浴びた「人工芝」は、ものすっごく熱くなります。
裸足じゃーぁ、歩けません。
一瞬、ヤケドするかと思ったです。

なので、「ゴザ」が必要になります。

ゴザのほうが、肌触りも良いですしね。

猫の下僕
猫の下僕

お天気の良いときは、
猫様たちが普段使っている「ベッド」なんかを芝生の上に置いて干したりするのですが
そこで寝ちゃったり・・・。

時々、
下僕も一緒にベランダで寛ぎます。

猫様たちは、嫌がりますが(苦笑)

猫の下僕
猫の下僕

人工芝の上にゴザを敷いて座ったり、横になったりしていると
なんとなくプチピクニックな雰囲気で良いのです

下僕見習い
下僕見習い

ベランダがなくても、
お日様の良く当たる窓辺に人工芝をカーペットのように敷けば
それなりに気分が出ますよー。
ふかふかする人工芝は、猫様も満足♪

 完全室内飼育の「猫様」が快適に過ごすために

私も以前は、
「猫から外で遊ぶ自由を取り上げるって、どうなんだろう?」って思っていたけれど、
いつの間にか家に居ついていた「保護にゃん」兄弟を、
家に閉じ込め「完全室内飼育」にし、
その環境に慣れてしまってからは、

うっかり脱走されてしまった時など

「やばい!事故に遭ったらどうしよう!」
「帰ってこなくなるかもっ」

という考えが瞬時に脳裏をよぎり、心配と恐怖に心臓をバクバク。

「完全室内飼育」は、私たち飼い主にとっても、
また、共に暮らす猫たちにとっても、安心できる環境ではあるけれど、

それでもやっぱり時々、狭い家の中に閉じ込められてしまって、
現代(いま)の子たちは不憫だな、なんて思ったり。

とは言え

自由に遊びに行かせてしまい、失った猫たちのことを思い出せば、
「もっと早く、完全室内飼育にしておけばよかったのかな」という後悔も。

ともあれ、今は自由にお外に出れなくなってしまった猫たちのために
いま、下僕(私)が出来ることは

ちゃっとん
ちゃっとん

閉じ込められて
不幸だーーーぁ!!

と、猫様たちが感じないような、
外よりも快適と感じる環境を作ってあげることかな。

人工芝。
ちょっとは「草の上」を感じてくれてるかなぁ。

我が家の猫様たち。
最初は踏みなれない感触に警戒していたけれど、
慣れてしまえば気持ちよさそうにゴロンごろん♪

猫の下僕
猫の下僕

ペットと共生するための住宅や、
マンションづくりに必要な知識・大切なことを専門的に学ぶことができる検定もありますよー

タイトルとURLをコピーしました