互いに影響し合うヒトと動物:ヒトと動物の関係学が果たすべき役割

 

Human Animal Bond:ヒューマン・アニマル・ボンド。

この言葉は近年、メディアでも取り上げられるようになってきたんだけれど、これは

ヒトと動物の絆。

という意味で、単にボクたち動物を「受渡しや保護の対象」としてだけではなく

ボクたち動物と人間との「かかわりあい」そのものに焦点をあてた考えなんだ。

 

ボクたち動物と人間とのかかわり合いを整理、分析するために生まれた「人と動物の関係学」いう分野で、1960年代の終わりから1970年代の初め頃に

動物が人間の精神や肉体に大きな影響を与えるものであり、ヒトと動物は常に互いに影響し合っている。

この「関係学」を研究、調査の対象とする科学者たちが増え始めてきたんだ。

そんな科学者たちの中に、アメリカの臨床心理学者:ボリス・レビンソンっていう人がいるんだけれど、この人はこの分野で活躍。

ボリス・レビンソンをはじめとして

〇 教育
〇 動物愛護
〇 獣医学
〇 医療
〇 人間の福祉
〇 行政
〇 環境・・・

さまざまな分野にいる、いろいろな専門家たちが医療や教育など、あらゆる背景におけるヒトと動物の相互作用を、しっかりと見ていくことの大切さを認識。

1974(昭和49)年以来、幅広く専門家を集めた国際会議を開いてきたんだ。

この頃に、ヒトと動物の関係そのものを客観的に検討するための組織

 

アメリカの ペットパートナーズ
イギリスの コンパニオン・アニマル研究会

が誕生。

この会議や組織で取り上げられた、ヒトと動物の関係というのは、正確にはヒトと動物の関わり合いにおける互いの「接点」について。

 

ボクたち動物と、人間とはさまざまな「接点」を持って生きていてる。

おかぁちゃんたちのように
ボクたちを「ペット」として育ててくれるのも、「接点」のひとつ。

 

また、生きていくために
牛さんやブタさん、鶏さんの「お肉」を食べるのも、「接点」のひとつ。

 

その他にも
お薬の開発のための実験動物
学校で飼育する動物
野生で生きる動物たち・・・

 

それは直接的・間接的に関係なく、人間はボクたち動物たちとなんらかの「かかわり」を持たざるをえない。

だって地球の上には、人間だけでなくボクたち「動物」だって、ちゃんと生きているのだから。

 

それぞれの分野には、それぞれの専門家がいて

愛玩動物って呼ばれる「ペット」の医療を専門にする獣医さんは
ボクたちが病気になったとき、ボクたちをただ治すだけじゃなく

横でオロオロするだけの ぉかぁちゃん たちを励まし、支援してくれたり、時には「そんな育て方はダメ!」って叱ってくれたりもする。

 

宇宙-sora-
宇宙-sora-

おかぁちゃんの耳には届いてないみたいだけど

 

産業動物や実験動物って呼ばれる子たちにだって、ちゃんと専門の獣医師さんがいたりするんだ。

 

それぞれの「接点」がいかにつながっているか。
また、それらに共通する理念や思想はなんなのか?

それをちゃんと理解するのと同時に、それぞれの専門分野に対しての「接点」の存在を無視しての
ボクたちとの関係の発展はありえない。

 

ということを伝えていくのが、ヒトと動物の関係学が果たすべき役割なんだって。

 

参考文献:愛玩動物飼養管理士テキスト2級-1



コメント