動物の「しあわせ」を守ることがいかに大切か。学校における動物の飼育の意義

家庭で動物と一緒に暮らすことは、子供の成長にも良いんだよ。と言っても実際には両親の共働きや、アレルギー、動物禁止のアパートに住んでいて、一緒に暮らすことができない場合もある。

宇宙-sora-
宇宙-sora-

そのために、学校での「動物飼育」というのがあるんだ。

でも、動物の飼育というのはものすごく手のかかることだから、獣医師さんの指導や教職員の努力が必要になる。

動物の幸せを守ることがどれだけ大事なことか。それを子供に理解させるということは、子供たちの生命に対する「感受性」を維持していくこと。
さらに、動物や人間に対する優しい気持ちを、相手を思いやる気持ちを育てることになる。

宇宙-sora-
宇宙-sora-

大人の動物への扱いを見て、子供はいろんな事を学ぶんだ。

親や、一番身近な大人の「教師」が動物に対して乱暴だったり無関心であれば、それを見ていた子供たちはそこから「間違ったこと」を学ぶ。

動物を助けようとした子供に対して大人が「汚い」だとか「家が汚れる」だとか「飼う場所がない」などと、親が端から否定すれば子供は動物の「生命」への関心が次第に薄れていき、やがて「動物を助けることは、いけないこと」と思うようになってしまう。

学校でも先生が、動物を飼育していくうえで起きる「問題」を見て見ぬフリをすれば、それを見ていた子供たちは「動物を育てるのは面倒なこと」と思ってしまう。

そんなことが起こらないように、大人は常日頃から、動物に対する意識と行動に気を付けなければならないけれど・・・動物嫌いの人がいるのも事実。

ちゃっとん
ちゃっとん

こればかりは仕方ない。

でも、人間同士が理解しあえる社会をつくるためには、子供のころから「生命」に対する感受性をなくさないようにさせることが大切。だという事は覚えておいてほしい。

手に持った「ハムスター」の温かさ。
指先に伝わってくる「うさぎ」のやわらかさ。

それを体で感じることができた子供たちにとって「動物」や「自然」は現実として存在するモノ。

「自然保護」という言葉を認識し始める小学生高学年よりも前に、「動物」に触れることが出来た子供たちはより深く、具体的に「自分がどんな風に自然と接するべきなのか?」と考えることができるんだ。

 

食べられてしまう「産業動物」であっても、「実験動物」であっても。彼らの境遇を改善するためのルール作りは、もしかしたら誰にでもできる事なのかもしれない。
でもその現場に誰一人、「動物」に対して優しい気持ちを持っている人がいなかったら、心から対応できる人がいなかったら、何も改善されない。

「産業動物」や「実験動物」たちの境遇を改善するため、動物に対して心から対応できる人を育てるためには、子供のころから「命」というものを実感することが大切なことなんだ。

 

「生命」に対する感受性を失くさず持ち続けたまま子供たちが成長したなら、いろんな面でも世の中に、大きな変化が起きると信じている。

理想な「命」の教育。
それはやっぱり動物たちへの「正しい接し方」「育て方」「触れあうことを体験させること」だとボクは思う。

落ち着きのない子
引っ込み思案な子
言語発達が遅い子

さまざまな問題を持った子供たちに、ボクたち動物をあわせること。

ボクたちが、子供たちの教育の中に入っていくという役割の中で、特殊なニーズを持った子供たちに対して成果をあげている現場もいっぱいある。

 

宇宙-sora-
宇宙-sora-

ただ、だからといって、何も考えずにボクたちがそこへ行っては、問題や事故を起こすことがあるから、環境や周囲の安全を守ることは大事なこと。

 

子供たちは大人よりも感受性が豊かだからこそ、子供たちは、大人の動物の扱い方を見て自分を重ね合わせて自分を見ていることがある。

 

動物が大事にされている環境では、「きっと僕たちも大事にされる」
動物が虐待を受けている環境では「僕たちも暴力を受けるだ・・・」
宇宙-sora-
宇宙-sora-

無意識のうちに感じている子供は決して少なくないと思う。

動物は命の尊重、慈愛の心を教えるための存在であるとともに、動物を大切にするということは子供たちも大切にする。ということに他ならない。

それが教育の中で動物が果たす最も大事な役割なんだ。

 

コメント