猫というイキモノについて

スポンサーリンク
猫というイキモノ

「うちの猫、水を飲んでるかしら?」泌尿器系の病気になる前に、お水を飲ませるコツと1日に必要な飲量

猫様を健康に長生きさせるためには、日ごろから「お水を飲ませる」工夫が必要です。なぜかって?それは猫様が自分からあまり「水を飲みたがらない」イキモノだから。水を飲まないと、結石になったり膀胱炎になったりと、泌尿器系の病気のリスクが高くなってしまいます。脱水が続くことで腎臓病に繋がることも・・・。
猫というイキモノ

猫の宿命【腎臓病】-予防-には健康維持フードが有効?! 宇宙-sora-の腎臓病とのつきあいかた

猫にとって宿命とも言われる「腎臓病」は、死因の圧倒的な原因にもなっています。腎臓病になってしまうと、治療しても治ることはありません。でも、定期的な検査(健康診断)と、早めはやめのケアをしてあげることで症状の進行を抑え、長く生きることもできます。
猫というイキモノ

【謎が解明?】宇宙-sora-が外のたまり水を飲みたがる理由|猫様と「飲み水」の話

最近、ある「猫の雑学」の本を読んでいて「そぅだったのか!」と感じてたことがある。 それは、猫の「飲み水」のこと。 宇宙-sora-は、家の中で用意するキレイな水より、庭にある「たまり水」のほうが好きなのだ。お腹を壊すのではないか?と心配したが、でもそれにはちゃんとした?理由があったんです。
猫というイキモノ

愛猫とお散歩したい!|ところで猫に散歩は必要?猫を散歩させるときの注意点

SNSの動画や写真で猫と散歩している姿を見ると「私もうちの子と一緒に散歩したい!」と羨ましくなったりしますよね。私も、お散歩させたい派。でも、猫に散歩が必要かどうかは、実は賛否両論なのです。なぜなら、家の外は猫にとってリスクがとても高い場所だからです。もしお散歩させるなら、猫の安全を守ってあげましょう。
猫というイキモノ

猫の爪、本当の切らなきゃダメ?!猫の爪切りは大変っ。切るためのコツは??

猫の爪を切ろうとして、くつろいでいる猫を抱っこしようとすればサッ逃げられてしまったり、抱っこすることができても、爪を切ろうとした瞬間に大暴れされて、手や腕にひっかき傷ができたりして、猫の爪切りは大変な作業です。でも猫の爪を切ってあげることは、猫がケガなく健康に暮らすためにも大事なことなのです。
猫というイキモノ

【猫に多い病気】猫たちと暮してきた40年。わが子たちが経験してきた病気のこと

これまで元気で過ごしてきた猫も、ヒトと同じように年を重ねれば病気になりやすくなります。 「いつもと違うこと」に早めに気づいてあげることができ、そして早めに治療してあげれば重症化しないですむ病気もあります。そのためにも、私たち親(飼い主)が愛する我が子(猫)の異常に素早くちゃんと気付いてあげることが大切になります。
猫というイキモノ

猫と暮すのは楽じゃない!【猫様】と一緒に暮らす「メリット・デメリット」猫歴40年以上の下僕がぶっちゃけ?!ます。

「猫に癒されたい」そう思っている人は少なくないはず。でも「カワイイ」というだけでは猫と一緒に暮らせません。これから猫と一緒に暮してみたいなと思っているあなたへ。誰に媚びることもなく、遊びたいときに遊び、眠たいときに眠る自由気ままな「猫様」。でも猫に限らず「イキモノ」と暮すということは実は大変なことなのです。
猫というイキモノ

猫にする?犬にする?猫を選んだときの「犬よりここがイイネ!」

イキモノと一緒に暮らす覚悟を決めた!あなたに伝えたい。犬好きさんには犬好きさんの「ここがいいね!」の主張があると思います。 でも私は猫が好きなので、ここでは猫にしようかな?犬にしようかな?と迷っているあなたへ、猫の奴隷が主張する「猫様」を選ぶメリットをご紹介します。
猫というイキモノ

【愛猫の困った】家じゅうがボロボロ!やめさせたい「爪とぎ」でも猫の爪とぎには理由があるのです

猫と一緒に暮らすからには壁や柱がいたむのは覚悟しましょう!どんなに怒ってみても「爪とぎ」という猫の習性をやめさせることはできません。猫には猫の大事な理由があるのです。猫がなぜ、壁や柱で爪をとぐのかって・・・それは、ね。爪とぎにはイロイロな理由があるのです。
猫というイキモノ

猫のぷにぷにとした柔らかい魅惑の肉球は優れた機能であふれてる!

猫の肉球は、見ているだけでも癒されるその可愛いカタチと、ぷにぷにとした独特の感触が魅惑的。そんな肉球にはそれぞれ名前があるって知ってましたか?肉球は猫にとっては大切な役割がいっぱいで、健康管理にも役立ちます。ついつい触りたくなっちゃう肉球だけど、でも実はとてもデリケートな部分だから触ることを嫌がる猫も多いのです。
猫というイキモノ

猫のお腹のたるみは肥満が原因ではない?!実はかっこいい名前がついているだ!

かつて一緒に暮らしていた猫たちには、お腹にこんなタルみがなかったはずなんだけど、もしかして何か悪い病気だったりしますか?!って、獣医さんに聞いたことがある。獣医さんは即答で「ただの肥満です。」って答えたけれど、実はこのタルみには「カッコイイ名前」があったんだ!
猫というイキモノ

猫の嗅覚は危険から身を守るために発達した命綱!ニオイは大事な判断材料のひとつ

猫の鼻は高性能!犬ほど注目されていないけど、猫の嗅覚もなかなかのすぐれもの。だって猫にとって「ニオイ」は判断材料の大事なひとつなんだもの。「ニオイ」を感じる旧細胞の数はヒトの10倍以上!ヒトにはわからないニオイも猫は嗅ぎ取れるんです!猫は地球上にある、ありとあらゆる「ニオイ」の違いを、かなり的確に認識しているんだって。
猫というイキモノ

【猫のからだ-基礎-】:感覚編【舌】特徴的なザラザラは毛繕いに大活躍!

猫の舌の特徴はなんといってもあのザラザラ!微細な突起は毛繕いに大活躍。味覚はあまり繊細ではなく、酸味・苦みは感じても甘味は感じることはできないらしい。
猫というイキモノ

【猫のからだ-基礎-】:感覚編【ひげ】

猫の顔は実は「ひげ」だらけ。あれもヒゲ、これもヒゲ。ヒゲには神経が集中してるから空気の流れや温度の変化も敏感に感じ取れるのです。
猫というイキモノ

【猫のからだ-基礎-】:感覚編【目】縦長の瞳孔にキラキラ光る眼球

猫の魅力はなんといっても目。縦長の瞳孔にキラキラと光る眼球。闇の中できらりと光る秘密は「タペタム」
猫というイキモノ

【猫のからだ-基礎-】:感覚編【耳】ピクピク動く猫の耳には秘密がいっぱい?!

猫のピンと立ち、ピクピクと動く小さな三角形の耳。猫の五感の中でも一番優れている機能。
猫というイキモノ

猫はいつ、どこで、ヒトと一緒に暮らし始めたのか?

猫はいつどこで、ヒトと暮らすようになったのか。エジプトでは特別な存在だった猫。
猫というイキモノ

ボクたち【ネコ】というイキモノついて。知っていると自慢したくなっちゃう?!

猫というイキモノについて。だからなんだってお話だけど、知るとちょっと誰かに話したくなるかも?!
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました