愛玩動物飼養管理

愛玩動物飼養管理

愛玩動物飼養管理士2級取得|課題報告問題と試験問題

愛玩動物飼養管理士の試験の問題は、日本愛玩動物協会から教材として送られてくる「課題報告問題」の中から類似された問題が出題されています。解答は5つの記述の中から正解の記述を選ぶ「マークシート方式」です。緊張で頭が真っ白になってしまい「まったく答えが思い出せない」という心配はありません。課題報告問題を繰り返し勉強しましょう
愛玩動物飼養管理

猫に多い病気を知ろう|猫たちと暮してきた30年。うちの子たちが経験してきた病気について

これまで元気で過ごしてきた猫も、ヒトと同じように年を重ねれば病気になりやすくなります。 「いつもと違うこと」に早めに気づいてあげることができ、そして早めに治療してあげれば重症化しないですむ病気もあります。そのためにも、私たち親(飼い主)が愛する我が子(猫)の異常に素早くちゃんと気付いてあげることが大切になります。
愛玩動物飼養管理

【完全保存版?!】猫歴40年以上の下僕がぶっちゃける「猫と一緒に暮らすメリット・デメリット」

これから猫と一緒に暮してみたいなと思っているあなたへ。誰に媚びることもなく、自由気ままな「猫様」。遊びたいときに遊び、眠たいときに眠る。抱っこしようとすると逃げるのに、お腹がすいた時と甘えたいときはすり寄るツンデレぶりは猫好きにはたまりませんよね。でも猫に限らず「イキモノ」と暮すということは実は大変なことなのです。
愛玩動物飼養管理

猫にしようか?犬にしようか?と悩んでいるあなたに。猫を選んだときのここが「いいね!」

イキモノと一緒に暮らす覚悟を決めた!あなたに伝えたい。犬好きさんには犬好きさんの「ここがいいね!」の主張があると思います。 でも私は猫が好きなので、ここでは猫にしようかな?犬にしようかな?と迷っているあなたへ、猫の奴隷が主張する「猫様」を選ぶメリットをご紹介します。
愛玩動物飼養管理

ペットのスペシャリストになるための通信講座|愛玩動物飼養管理士2級

ペットのスペシャリストになるために必要な【愛玩動物飼養管理士】の資格。その資格を取得するためのこの通信講座では、猫や犬だけでなく、うさぎやモルモット、爬虫類から鳥のことまであらゆる「愛玩動物」の基礎的な知識をしっかりと学ぶことができます。この資格を持っているということを、ペット関連のさまざまなシーンでアピールできます。
愛玩動物飼養管理

暴力をふるうことだけが【動物虐待】ではないのです!あなたも知らずに「虐待」しているかも。

動物を遺棄したり「暴力」をふるうことだけが「虐待」ではありません。ご飯を十分に食べさせてあげられなかったり、おトイレの掃除を怠ったり、動物の飼育を「放棄」することもまた「動物虐待」なのです。「動物の面倒を最期まで見ることができるのか?」飼う前に今一度、考えてください。知らずに「虐待」してしまうかもしれません。
愛玩動物飼養管理

動物の「しあわせ」を守ることがいかに大切か。学校における動物の飼育の意義

動物の幸せを守ることがどれだけ大事なことか。それを子供に理解させるということは、子供たちの生命に対する「感受性」を維持していくこと。 さらに、動物や人間に対する優しい気持ちを、相手を思いやる気持ちを育てることになる。 大人の動物への扱いを見て、子供はいろんな事を学ぶ。
愛玩動物飼養管理

動物から子供たちが学ぶこと。それは命の大切さと非言語コミュニケーション

子供たちは動物たちの日常の活動を見て「問題解決能力」を学ぶことができ、子供のころからボクたちと過ごすことで、感受性豊かな子供に育っていく。動物と触れあうことは子供たちの将来にどんな大切な影響を与えるのか?
愛玩動物飼養管理

動物たちとの触れ合い。人間の社会で活躍している仲間たちもいるんだ

動物介護療法、動物介護活動、動物介在教育。ボクたち動物の中には、人間の社会で活躍している仲間もいっぱいいるんだ。国際的にはこれらを総称して(動物介在/介入)って呼んでいるんだ。人間とボクたち動物が助け合っていける世界って素敵だよね。
愛玩動物飼養管理

動物と触れ合うということ。ボクたち動物は人間に「癒し」を与えるんだ。

動物と触れ合うということ。人間が動物から「癒し」を感じるのは、あくまで動物自身が良好な環境の中で、安定した精神状態の中におかれているとき。動物が穏やかな状態の時には人間も、穏やかな気持ちになって癒されるのです。
愛玩動物飼養管理

ヒトと動物の関係の中で避けて通ることが出来ない問題ー【虐待】

動物の虐待とは、ヒトが動物をいじめたり不必要に傷つけたりする、誰が見てもわかるものだけではない。ネグレクト。つまり動物のお世話の放棄、多頭飼育崩壊。これもまた「虐待」なんだ。
愛玩動物飼養管理

【アニマルアドボカシー】動物の立場を正確に理解し世に知らせる動物たちの代弁者

動物のために活動する人々の間には「動物権利論」「動物福祉論」の両方のどこかに、自分の「バランシング・ポイント」っていうのがある。どちらでもなく動物の立場を理解し世に知らせる【代理人】となって、いろんな情報の普及するのが「Animal Advocacy: アニマル・アドボカシー。
愛玩動物飼養管理

互いに影響し合うヒトと動物:ヒトと動物の関係学が果たすべき役割

ヒトと動物の絆。ボクたちを「ペット」として育ててくれるのも「接点」のひとつ。また、生きていくために牛さんやブタさん、鶏さんの「お肉」を食べるのも「接点」のひとつ。直接的・間接的にかかわることなく人間はボクたち動物たちと、なんらかの「かかわり」を持たざるをえないんだ。それを伝えるのが「ヒトと動物の関係学が果たすべき」役割なんだ
愛玩動物飼養管理

動物たちに道徳的な配慮をし、必要最小限に利用させてもらうという意識

人間もボクたち動物も「自然の一部」で、「一部の種」にすぎない。人間はたしかに「知性」「理性」という面では動物より優れているかもしれない。でもボクたち動物の中には人間より優れた能力を持っている子だっていっぱいいるんだ。
愛玩動物飼養管理

ピーター・シンガーの【動物の権利】とトム・リーガンの【動物の権利】

動物の権利のややこしさ。どちらも同じように「権利」を主張しているのに功利主義と剣理論。「動物は道徳的地位を持つ」ということでは同じ意見なのに、「どれほどの道徳的地位がある」か?ということでは意見が異なってしまうのです。
愛玩動物飼養管理

種差別にあふれる世界から動物たちの解放!【動物の解放】という書籍はバイブルに

ピーター・シンガーによって書かれた「動物の解放」これは今、動物権運動のバイブルと呼ばれているのです。ピーター・シンガーは、動物たち「生命」に対する道徳的配慮は「生命が苦しむかどうか?」「その能力があるかどうか?」そこで判断すべきと言っているんだ。
愛玩動物飼養管理

近代畜産への鋭い批判と警鐘を促した最初の書【アニマル・マシーン】

近代畜産を告発した最初の書【アニマル・マシーン】は産業動物の悲惨な現状を指摘し、イギリス政府がブランベル委員会を設置し実態調査をする契機となった。今、産業動物には5つの自由が求められている。
愛玩動物飼養管理

動物に権利がある!という考え方のことをアニマル・ライツっていうの。

「人間が権利を持っているなら、動物も間違いなく権利を持っている」へんりー・ソルトはそう言ったんだ。アニマル・ライツの考え方。動物はまた少しずつ護られるようになってきたのです。
タイトルとURLをコピーしました