生まれ変わるなら今度は【猫】になりたい

日本人の動物観

「生まれ変わったら、今度は猫になりたい」
とかって、よく言うでしょ。

 

これは、
仏教の影響を強く受けた日本人の「動物観」っていう思想からくるものなんだって。

 

ヒンズー教や仏教、ジャイナ(ジナ)教、古代インドに起源をもつ「東洋」の宗教には共通して

「霊魂不滅」
「輪廻転生」

命あるモノは、その肉体が滅んでも、魂はまた別の肉体に移って生死を重ねていく。
それは、車輪が回るように果てしなく続いていく。

そこには因果応報の関係もあって

前世の行いによって、現世はこうなっている。
現世でこういう行いをしたから 来世はこうなる。業と煩悩によって現世で悪いことをしたら、来世は地獄に落ちる餓鬼にもなり、畜生にもなる・・・
動物とヒトは、共通の魂をもっていて、それはつながっている

って、考えられているんだ。

 

日本昔話で
ツルが美女に化けたり、
タヌキが僧侶に化けたり
キツネが子供に化けたり・・・

動物はヒトと同じとして考えられているから、動物がヒトに化けるお話がいっぱいあるんだ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

まんが日本昔ばなし DVD-BOX 全10巻 オリジナル人形プレゼント付き 送料…
価格:30240円(税込、送料無料) (2018/9/22時点)

 

楽天で購入

 

西洋の動物観

西洋の場合、例えば「赤ずきん」のお話があるでしょ。

「赤ずきん」では、オオカミがおばあさんになるけれど、
それはオオカミがおばあさんに化けた。んではなくてただ「おばあさんの真似をした」っていうだけで、その中身(姿)はずっと「オオカミ」のままだったよね。

 

また、
王子様やお姫様が「カエル」になるお話もよくあるけれど、あれは魔法で「カエル」に変えられてしまっただけ。

やっぱり中身(姿)はずっと、ヒト。

西洋には魔法で姿を変えられることはあっても、

日本のような動物が自ら「ヒトに化けて」何かする。というお話はないんだ。

ヒトと動物の間には共通の魂のつながりはなく、
ヒトが動物に変わってしまうのは、おとしめられ、堕落させられてしまっただけ

動物とヒトとの間には、決して超える事の出来ない「壁」があって
ヒトは動物に対していつも「優位」である。

ヒトはヒト
動物は動物

というのが西洋の考え方らしいんだ。

(中村偵里著【日本人の動物観】鳴海社刊参照)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本人の動物観 変身譚の歴史 [ 中村禎里 ]
価格:3024円(税込、送料無料) (2018/7/19時点)

 

(参考文献:愛玩動物飼養管理士テキスト2級-1より)

 

コメント