生まれ変わるなら今度は【猫】になりたい-日本人の動物観:輪廻転生の考えかた-

愛玩動物飼養管理

日本人の動物観

 

日本人の動物観

「生まれ変わったら、今度は猫になりたい」
とかって、よく言うでしょ。

 

これは、
仏教の影響を強く受けた日本人の「動物観」っていう思想からくるものなんだって。

 

ヒンズー教や仏教、ジャイナ(ジナ)教、古代インドに起源をもつ「東洋」の宗教には共通して

「霊魂不滅」
「輪廻転生」

命あるモノは、その肉体が滅んでも、魂はまた別の肉体に移って生死を重ねていく。
それは、車輪が回るように果てしなく続いていく。

そこには因果応報の関係もあって

前世の行いによって、現世はこうなっている。
現世でこういう行いをしたから、来世はこうなる。業と煩悩によって現世で悪いことをしたら、来世は地獄に落ちる餓鬼にもなり畜生にもなる・・・動物とヒトは共通の魂をもっていて、それはずっとつながっている。

って、考えられているんだって。

 

日本昔話で
ツルが美女に化けたり、 鶴の恩返し
タヌキが僧侶に化けたり はらづつみの怪
キツネがヒトに化けたり・・・ てぶくろを買いに・・・はちょと違うか。

 

動物はヒトと同じとして考えられているから日本の昔話には、動物がヒトに化けるお話がいっぱいあるんだね。

 

まんが日本昔ばなし DVD-BOX 第1集(5枚組) 新品 マルチレンズクリーナー付き
by カエレバ

 

西洋の動物観

西洋の場合、例えば「赤ずきん」のお話。

「赤ずきん」では、オオカミがおばあさんになるけれど、
それはオオカミがおばあさんに化けた。
というお話ではなくて、ただ「おばあさんの真似をした」っていうだけで、
その中身(姿)はずっと「オオカミ」のままでしょ。

 

例えば・・・そぅ!
王子様やお姫様が「カエル」になるお話なんかがよくあるけれど

あれはただ魔法で「カエル」に変えられてしまっただけ。

中身(姿)は最初からずっと、ヒト。

 

西洋には魔法で姿を変えられることはあっても、

日本のような動物が自ら「ヒトに化(擬人化)けて」何かする。というお話はないんだ。

それはね

ヒトと動物の間には共通の魂のつながりはなく、
ヒトが動物に変わってしまうのは、おとしめられ、堕落させられてしまっただけ

動物とヒトとの間には、決して超える事の出来ない「壁」があって
ヒトは動物に対していつも「優位」である。

ヒトはヒト
動物は動物

というのが西洋の考え方らしいんだ。

 

 

 

 

【すべての生き物を殺してはいけない】

 

「不殺生戒」という戒律が仏教にはあるんだ。

杖を持ち、鈴を鳴らして歩くお遍路さん。
間違って、動物を踏みつけないため。って言われているんだ。

そんな仏教は農耕民族である日本人に定着し
仏教の影響で日本では、動物を、ヒトの財産としてではなく「命あるもの」として道徳的に扱うようになったんだって。

675年。
「天武の勅令」でウシやウマ、犬、サル、ニワトリ、これらの肉を食べることを禁止。
それ以後、徳川幕府による「馬牛ト殺禁止令」に至るまで、動物を殺したり、食べたりすることを禁止する命令や
動物をいたわることを命じた法律や命令が何度も、何度も出たんだ。

生類憐みの令とか・・・

【命】を大事にしていた日本人だけど
明治維新以後は西洋文化が入ってきて「肉食の習慣」が日本に定着。

いままでの伝統的な動物観が大きく変わっちゃったんだ。

 

 


(参考文献:愛玩動物飼養管理士テキスト2級-1より)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました