癒し

ボクの生きてきた日々

猫ものがたり|宇宙-sora-が生きた日々の記憶⑦「ボクが本当の家族になった日」

ボクが「男の子だった」と電話があった次の日、ボクはお店に連れて行かれた。やっぱりボクは「いらない仔」だったのかな。そう思っていたけれど、返品を断る店員に「はぁ?!返せと言われても返しませんよ?この子はもぅ、うちの子ですし!何を言ってるんですか?!」と、おかーちゃんが言う。それにはボクもお店の人も戸惑ってしまった。
ボクの生きてきた日々

猫ものがたり|宇宙-sora-が生きた日々の記憶⑤|「ボクの名前は-sora-」

ご飯を食べてお腹がいっぱいになったボクは、もう少しこの家の中を調べて歩いた。だけど、おかぁちゃんの姿も兄弟の姿も見つけることができなかった。心細くなって泣きそうになった時、ボクはまたあの視線を感じた。それは、この空間にわずかに残る同族『猫』のニオイの持ち主の視線。ボクはその姿を捜し、見つけた。
ボクの生きてきた日々

猫ものがたり|宇宙-sora-が生きた日々の記憶④「いざ、お家へ」

ボクが引き渡されるとき「ここから家まで車で15分から20分くらいかな」と、おかーちゃんになる人間はそう言っていた。15分から20分という長さがどのくらいなのかボクには解らないけれど、この箱の中に入れられてからもうずいぶん経った気がする。ボクはいったい、いつになったらお家に帰れるのだ?!っていか、ここ、どこだ?!
ボクの生きてきた日々

猫ものがたり|宇宙-sora-が生きた日々の記憶③「ボクとおかーちゃんの出会い」

ボクがひとりぼっちになってから、どれだけの時間が経っただろう。でもその日、ボクの前に「おかーちゃん」が現れた。おかーちゃんはボクにひとめ惚れだったらしい。「おかーちゃん」と「ばーちゃん」に連れられて、ボクは初めて空というものを見た。でも、おかーちゃん。何か勘違いしているっぽい?
ボクの生きてきた日々

猫ものがたり|宇宙-sora-が生きた日々の記憶②「狭い部屋の中で過ごした数日」

気づいたらボクは、狭い部屋の中でひとりぼっちだった。大好きなおかぁちゃんも兄弟たちも、ボクの前から姿を消してしまった。どんなに鳴いて呼んでも、誰もボクを迎えには来てくれなかった。もうボクは、この狭い部屋から出られない。もう誰も迎えには来てくれない。ボクはずっとひとりぼっちなんだ。そう諦めかけていた。
ボクの生きてきた日々

猫ものがたり|宇宙-sora-が生きた日々の記憶①|遠い日々の『短い時間の記憶』

2008年1月27日。東京の片隅でボクは生まれた。でもボクにはその頃の記憶がほとんど残ってない。おかぁちゃんの顔も、一緒に居た兄弟たちの顔も、もうほとんど思い出せない。ただ時々ぼんやりと、遠いあの日の記憶がよみがえるんだ。それは楽しくて幸せな時間だった。
ボクたちの日常

猫のさりげない日常に癒される日々。「何も思いつかない、そんな日もあるよね。」

ずっと「どうしようかなー」って考えているけれど、さっぱり何も思いつかない。何かしなきゃいけないんだけれど、何をすればいいのかわからない。そんな日もあるよね。そんな日はとりあえず・・・
ボクたちの日常

猫のさりげない日常に癒される日々。「にのちゃ」のひそかな夢とは

保護ねこ兄弟の一番末っ子(と、思う)の「にのちゃ。」兄弟の中で一番警戒心が強く、なかなかヒトには懐かない。一緒に暮らし始めて月日はかなり経つけれど、いまだヒトには心を開いてくれない。そんな「にのちゃ。」だけど、ひそかな夢があるのです。それは・・・ね。
ボクたちの日常

猫の寝相「癒し画像」|なんでしょ!?このポーズ!笑いをこらえるのが大変

猫の寝相って、ふと視線を向けると思わず吹き出しそうになる時がある。笑いをこらえながら起こさないように急いでカメラを手に・・・。
ボクたちの日常

猫のためのDIY?草の上ってが気持ちよいのー。ってこれ人工芝だけどね。

かつての猫たちは外へ自由にお出かけできたけれど、現代(の子たちは、交通事故や病気、ご近所とのトラブルから守るために「完全室内飼育」が推奨。完全室内飼育は猫も飼い主も、安心できる環境ではあるけれど、やっぱり猫がちょっと不憫。自由に外へと出られなくなってしまった猫たちのためにDIYとは言い難いけれど、ベランダプチ改造!
ボクたちの日常

猫のなにげない日常に癒される日々。やられたらやりかえす!的な?

我が家で一番のさびしん坊で、甘えん坊の「さとっち」。誰かが寝ているところへ寄って行っては、無理くり一緒に寝ようとする。ほら、今日も・・・。
小さな仲間たち

突然変異?!餌の食べすぎ?!メタボリックなメダカが泳いでた

突然変異?!ある日ふと水槽を覗くと、お腹ぽんぽこりんなメダカが泳いでいた。背骨が曲がってしまうメダカさんは毎年はよく見つけるけれど、お腹ぽんぽこりんなメダカは初めてだなぁ。まさか新種?!のわけ、ないか(苦笑)餌の食べすぎ?まさか「メダカ」まで飼い主に似るとは・・・。
ボクたちの日常

猫たちの何気ない日常に癒される日々|なんとも気の抜けた「だるまさんがころんだ」

猫たちの何気ない日常に癒される日々。アメショの宇宙-sora-とスズメさんたちの、ある長閑な日のなんとも平和な時間。パンを食べに集まるスズメさんたちに、今日もアメショの宇宙-sora-は、追いかけるでもなく、のんびりおっとり「だるまさんがころんだ」
ボクたちの日常

猫たちと暮すさりげない日々に癒される|し、視線を感じるっ。こ、怖い。

猫たちの何気ない日常に癒される日々。にゃ、何か、視線を感じるの。誰かが、ぁたいをじっと見てるのよ。あれ、だ、誰・・・。
ボクたちの日常

猫たちのさりげない日常に癒される日々|おとぼけ「ちゃっとん。」のすっとぼけ

猫たちの何気ない日常に癒される日々。窓際で、朝の涼しい風を楽しんでいる「ちゃっとん。」だけど、でもちょっとだけ、心臓がどきどき、バクバクしてるんだ。だってね、突き刺さるような視線をずっと感じるの。えっと・・・き、気づかないふり、しておこぅかな。
ボクたちの日常

猫たちの何気ない日常に癒される日々|お安くしておきまーす。いかがですかー。

猫たちの何気ない日常に癒される日々。ちょっとした仕草に「こんなこと思っていたりー(笑)」なんて。
ボクたちの日常

猫たちの何気ない日常に癒される日々|段ボールハウスのリノベーション?

猫砂が入っていた段ボール箱。 せっかく可愛くできても、送り状が貼られ、ちょっと残念感のあった段ボールハウスの後ろ。 100均でウォールシールを買ってきて貼ってみました♪ なかなか良い感じになったじゃぁ、ないですかぁ(嬉) ついでに、横も殺風景なので、ちょっぴりリノベーション(笑)? 届けば捨てられちゃうだけの段ボール箱。 こうして猫のために、なにか別の使い道に変わ…
ボクたちの日常

猫たちの何気ない日常に癒される日々|とびちゃ。のお気に入りの椅子

毎日、朝晩。 亡くなった父親のご仏壇にご挨拶するときかかせない、母専用の椅子。 床に座ると膝が痛くて立ち上がりにくくなるって言うので買ったのだけれど、昼間は「とびちゃ」の寝場所になってしまった。 日差しが差し込むと、ぽかぽかし...
タイトルとURLをコピーしました