宇宙-sora-物語④|ボクの生きてきた遠い日の記憶「いざ、お家へ」

ボクの生きてきた日々

 「ボクのお家」

「ここからご自宅まで、お時間どのくらいかかりますか?」
「車で15分から20分くらいかな」
ボクが引き渡されるとき、これからボクの「おかーちゃん」になる人間と店員が、そんなことを話していた気がする。
15分から20分というのがどのくあったらいの長さかボクにはわからないけれど、この小さな箱の中に入れられてから、もうずいぶんと時間が経った気がする。

ここ、どこだ?

ペットショップがあった「ホームセンター」から外へ出ると、ボクは『車』というものに乗せられた。
もちろん、箱の中に入ったまま。
そして、車はだいぶ前に停まったのに、ボクはまだ車の中にいる。
もちろん箱の中に入ったままだ。
でも今、車の中はやけに静かで、箱に開いた穴から外の様子を見ると、車の中には誰の姿もない。
しかも車が停まってすぐ、なにやらいい匂いがしてきた。
時々、車の傍にある建物から人間があわただしそうに出入りする気配をボクは感じていた。
でもこの穴からは、外の様子は見えなかった。
ほんの少しだけ、車の窓から空だけが見えた。

「ごめんねぇ。ラーメン食べてくるから、ちょっと待っててね」
そう言って、おかーちゃんとばーちゃんが出て行ったのを、ボクは思い出した。

ラーメン・・・なんだ、それ。
ボクは早く、おかぁちゃんに会いたいのに、いつまで待たせるんだーーっ。

『ぐぅうう。』

ボクのお腹がなった。
そういえばボク、今日はまだご飯、食べてない。
『おにゃか、へったなぁ』
そう思いながら、ボクは空を見ていた。
ボクのお腹が2回ほどなったあと、車のドアが開きふたりが戻ってきた。
『くんくんくんっ』
おかーちゃんとばーちゃんの体は、ニボシのいい匂いでぷんぷんだった。
「お待たせぇ。じゃ、帰ろうかぁ」
おかーちゃんはボクに声をかけると、ばーちゃんと一緒に『ぷっ』と吹き出し、ケラケラと笑った。
どうやら、小さな穴から突き出たボクの鼻が面白かったらしい。

ここが今日からボクのお家

薄暗かった箱の中が、まぶしい光でいっぱいになった。
そのまぶしさに、ボクは思わず目を閉じた。
この狭い箱の中に入れられてから、どれだけの時間が経ったのだろう。

「無理に出さないで、自分が出たいと思うまで待ちなさい」
ばーちゃんの声が聞こえた。
「わかってるー」
おかーちゃんが答えていた。

『やっとお家についたんだ!』
おかぁちゃん!
にぃちゃん!!
ただいまっ!

ボクは嬉しくなってすぐに箱の中から飛び出すとすぐに、おかぁちゃんと兄弟たちの姿をあちこち捜し歩いた。
いろんな隙間や、物陰を見つけては手当たりしだいに覗き込んだ。
でも、おかぁちゃんの姿も、兄弟たちの姿も、どこにも見つけられなかった。

おかぁちゃん?
にぃちゃん?
どこ・・・?

箱を飛び出してから、おかぁちゃんと兄弟たちを探すことに夢中になっていて、ボクは気づかなかった。
『あれ、ここ、どこだ?』
これまでに見たことのない景色が、またボクの前に広がっていた。
そこは今までいたどこよりも広く、足元もふかふかとしていた。
見たことのない景色にボクは急に不安になって、おそるおそる、あちこちのニオイを嗅いで歩いた。
ほんの少しだったけれど、ここにはボク以外の同族のニオイがいっぱいあったのだ。
ふとボクは視線を感じ見上げた。
けれど見上げたその先は、おかーちゃんによってさえぎられてしまい、視線はそのまま「すぅーっ」と消えた。

「もっと時間がかかると思っていたけど」
くすくすと笑いながら、おかーちゃんが言う。
「お腹が減ってるはずだから、ごはん食べさせなさい」
ばーちゃんがそう言うと、おかーちゃんはボクをそっと抱き上げて「台所」という場所へ連れて行った。

そこには、いままでボクが食べていたご飯と同じものが置かれていた。
あまり美味しくはなかったけれど、朝からずっとご飯を食べていなかったボクは、とにかくもうペコペコで、それを全部食べた。
その間「おかーちゃん」と「ばーちゃん」はじっと見ていて、ボクが食べ終わると「食べた、食べたっ」「全部、食べたねぇ。おいしかった?」と、嬉しそうに拍手した。
こんなことで拍手されると、ちょっと気恥ずかしいな。
でも、ごはんは・・・正直これ、美味しくないんだ。

おかぁちゃんのおっぱいが飲みたいなぁ。